PAGE 1/2
大型航空小説
スカイ・ホルン
佐野祭

「かねてからご依頼の騒音のないジェット機ですが」
 航空機メーカー三本松社の応接室。技術部長松本喜三郎は、空軍の杉野森弥三郎大佐に向かって切り出した。
「どうやら私どもといたしましても、納得のいく試作品ができました」
「うむ。いろいろ面倒なことを頼んですまない」
「いえいえ」
「まあ知っての通り、基地の回りの騒音問題は軍としても頭の痛いところでな。
このところ住民からの訴訟には負け続けで、このところ四勝七敗だからな」
「あと一番で負け越しですね」
「ま、この開発がすめばそんな苦労もなくなるがな。で、どんな具合だ」
「では、ご説明いたします」
 スクリーンがするすると降りてきて、飛行機の構造のスライドが映し出された。
「まず、騒音の原因を元から断つのが一番の方法です」
「うむ」
「音というのは空気の振動です。そこで、通常のジェット機においては空気を大量に吹き出しておりますが、これを止めてみました。これによる騒音量の低下は驚くべきものがあります。ただ、若干の問題があり……」
「なんだ」
「飛ばないんです」
「それじゃ何にもならんじゃないか」
「まあ、ジェットエンジンの原理そのものが、空気を吹き出して進む、というものですし」
「それにしたって無茶苦茶だ」
「お言葉を返すようですがね」
 喜三郎はにじりよった。
「そもそも騒音のないジェット機を作れ、って注文自体が無茶苦茶なんですから」
「わ、わかっておる」
 スライドが変わった。喜三郎は再び説明を始めた。
「そこでですね、発想の転換が必要になりました」
「うむ」
「音のしないジェット機はできない。では、その音を外に出ないようにすればよいのではないか。ご覧下さい」
 スライドが変わった。
「ジェット機の回りを、防音壁で囲ってみました」
「……」
「これ、一見すると飛びそうもないでしょう」
「……」
「飛ばないんです」
「あのな」
 喜三郎はにじりよった。
「そもそも騒音のないジェット機を作れ、って注文自体が無茶苦茶なんですから」
「わ、悪かったって」
 スライドが変わった。喜三郎は再び説明を始めた。
「というわけでですね、再び発想の転換が必要になりました」
「うむ」
「音のしないジェット機はできない。その音を外に出ないようにすることもできない。ではどうするか。要は、騒音ではなければよいわけです。ご覧下さい」
 スライドが変わった。
「これが新たに開発したジェットの吹き出し口です。一定の間隔で弁のようなものがあるのがおわかりですか」
「うむ」
「この弁に秘密があるのです。実はこの弁、笛の穴の役割をします。つまり、この弁を自動的に開閉することにより、さまざまな音程を出すことができます」
「なるほど」
 弥三郎が身をのり出した。
「騒音ではなく音楽をだそうというわけか」
 喜三郎はにっと笑った。
「実際にご覧にいれましょう」

#.次頁
0.Vol.2に戻る