大型アニミズム小説
財布の中で

 百二十円の缶コーヒーを買おうと、喜三郎は小銭入れを開けた。
 たちまち財布の中のコインたちが一斉に騒ぎだした。

続きはこちら

PC版