大型作家小説
落日の北品川

 人気作家松本喜三郎の名を知らぬ者はない。
 その作風は豪放にして繊細、明朗にして重厚、正統的にして実験的なのだ。若い日から彼は自らの小説に新しい試みを次々と取り入れ、数々の成功をおさめている。
 三本松出版の「小説志ん朝」はその喜三郎の連載を獲得した。編集者の杉野森弥三郎は期待と緊張で胸を弾ませながら第一回の原稿を取りに行った。

続きはこちら

PC版