大型風物小説
鵜飼の初め

 長良川は今日も穏やかにたゆたっている。
 弥三郎が岸辺を歩いていると、水の中に見慣れた人影がある。

続きはこちら

PC版