大型恐喝小説
プライベートは誰だって

 ノックの音がした。
 若い女性の一人暮らしであるから、当然梅田手児奈はいきなり開けたりしない。
「どなたですか」
「乾日新聞ですが」
 ああ、またかと思う。
「新聞とってくれませんか」
「ウチは他のとってますから」

続きはこちら

PC版