大型占い小説
さまよえる占い師

 喜三郎はついてなかった。
 これはもしかしてこの喜三郎という名前が悪いのではないかと、思い切って美人占い師で名高い手児奈(てこな)のもとを訪れた。
 三本松の手児奈の家を訪れてみると、手児奈は噂にたがわぬ美女だった。

続きはこちら

PC版